前へ
次へ

他人が所有する私道にしか接していない土地

建築基準法において住宅を建てられる土地は幅員4メートル以上の道路に2メートル以上に接していなければならないとの決まりがあります。
一応例外も認められていて、条件を満たせば道路に接していなくても建てられる時があります。
ケースとしては一般の道路ではなく他人が所有する私道にしか接していない土地があります。
元々は私道の所有者がその付近の土地すべてを所有していたのでしょうが、家族などに相続をしてその家族が売却をしたために所有地内に売地ができたのかもしれません。
周りに道路がないと住宅は建てられませんが、私道の所有者に許可を受ければ再建築が可能なので全く建築等ができないわけではありません。
あくまでも許可を受ければの話なので、許可が受けられなければ建てられない可能性も出てきます。
今回の建築に関しては許可が得られても、将来的に再建築をするときに許可してもらえるかはわかりません。
許可が出ていない土地を売却するのが難しいことを知っておく必要があるでしょう。

Page Top