前へ
次へ

接道2メートル未満の旗竿地の売却方法

建築基準法は時代によってどんどん改正していて、新たに建物を建てるときは最新の建築基準法に従う必要があります。
古い建物などは古い法律には準拠していたものの、今は建物が建てられない土地に建っていることもあります。
今の基準に満たなくても、建てられた時に満たしていれば今でも違法建築にはなりません。
しかし再建築をしたいときや土地を売却するとき、建物が建てられない状態だとどうしようもありません。
接道2メートル以上でないと建物が建てられないとの決まりがありますが、古い住宅の中には2メートル未満しか接道していない旗竿地などがあります。
建物がある部分がいくら広くても接道が足りなければ建てられません。
この時に相場に近い価格で売却する方法として、接道を2メートル以上にする方法があります。
接道部分の土地を足りない分だけ売ってもらい、2メートル以上にすることで建物が建てられます。
その他竿の部分に接する土地の所有者に購入してもらう方法もあります。
どちらにしてもそれなりに話し合いが必要です。

Page Top