前へ
次へ

私道に面している土地の売買の注意

多くの住宅地は公道に面していて、土地の売買に関しては道路の内側部分のみになるでしょう。
しかし土地の中には私道が含まれているときがあり、公道ように見えながら私道として扱われている道路があります。
大きな敷地を複数の区画に分けて宅地開発するとき、奥の住宅に通ずる道路などが該当するでしょう。
ではこの時の私道の所有者は誰かですが、宅地の前面部分などをその区画の土地の所有者で分割して所有するケースがあります。
つまりは宅地部分の他に全面の私道部分も土地の所有者のもので当然登記をする必要があります。
宅地開発後に購入した人などは事情を知っているので、私道の登記もきちんと行っているでしょう。
しかしその後に売買をするときに私道部分のみ登記を忘れるときがあり、それが何代にも続いていると誰が所有者かわからない私道が前面にある土地になってしまいます。
私道に面する土地を購入する時にはその私道の所有者がだれでどんな扱いになっているかを確認しておく必要があるでしょう。

初期費用が掛からないマンション物件

Page Top